【優良企業厳選】Faxdmで営業先の企業へアプローチ!

トップページ > faxdm情報 > faxdmは商売関係者に対するダイレクトメール

faxdmは商売関係者に対するダイレクトメール

faxdmはファックスを使用してダイレクトメールを発信するサービスです。
このダイレクトメールでは他にインターネットメールや郵送などで送付するやり方もあります。
しかしこのファックスを使用したダイレクトメールはプライベートの個人ではなくて、ほぼ会社や個人事業主など商売関係者に対するメールであるといっても過言ではありません。
というのはプライベート個人の場合はインターネットメールほど家庭にファックスが普及していないからです。
一方でこのファックスを使用したダイレクトメールはインターネットメールや郵送ダイレクトメールに比べて読んでもらえる可能性が高いとされます。
というのはファックスの場合は印刷された紙が裸の状態でファックスからすでに排出されてるからです。
しかしインターネットメールはそれをクリックしないと中身が見えないし、郵送にしても開封しないと中身が見えません。
そのためよほど興味がない限りは中身を開封しないでゴミ箱に捨てられる可能性があります。
ただしこのファックスを利用したダイレクトメールを送信するには法人関係の名簿を仕入れて送信をしなければなりません。
その法人関係の名簿は自前で用意するか、原稿を大量送信してくれる専門のサービス会社に依頼するかのどちらかとなります。



効率的な営業活動にはfaxdmの導入

企業が売り上げを伸ばすためには、既存顧客からの売り上げを上げるか、もしくは新規顧客を開拓する方法があります。
そこで新規顧客を効率良く開拓するための方法として、faxdmの活用が出来ます。
商品やサービスを紹介する内容を一枚の紙にまとめ、一気に顧客になり得そうな企業へ送信する事で、興味を持伝え企業のみが反応を示すでしょう。
faxdmを一枚作成するだけで、何百、何千の企業へアプローチが可能となり、一社一社電話や訪問営業をする手間を考えると、営業活動を効率的に行えるでしょう。
しかし、faxdmは紙一枚の内容によって、その効果は大きく異なるため、より魅力的で、興味を示す内容にする必要があります。
そのため、数回に分けていくつかのパターンで効果を検証し、最も効果が高い内容で送ると良いでしょう。
簡単で手間をかける事なくアプローチが可能となりますので、是非一度新規顧客開拓に活用してみましょう。



パソコンから簡単にfaxdmを一度に送信可能

企業の営業ツールとしてfaxを活用するケースも多く、簡単に新規営業のアプローチが可能となります。
そんなfaxdmを活用する場合、一枚一枚機器を使用して送信するのではなく、パソコンからまとめて送信する事が出来ます。
専用のソフトを利用し、送信先の番号リストがあれば、原稿一枚準備するだけで、簡単に一斉送信が可能です。
原稿もデータで作成しておく事で、すべてパソコン上で簡潔出来るメリットがあります。
数百枚から数千枚単位でクリック一つで送信が出来るため、見込み顧客へのアプローチ方法としては、非常に効果的に働くでしょう。
興味がある企業の方から連絡をしてくれますので、返信があった企業に特化して営業活動を行う事でより効果的な営業が出来るでしょう。
faxdmに関する専用のソフトは枚数に応じた料金体系から、ソフトの買取まで様々なオプションがありますので、faxdmを送る枚数に応じて選択する事をお勧めします。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP