【優良企業厳選】Faxdmで営業先の企業へアプローチ!

トップページ > faxdm情報 > faxdmを利用する方法を知っておく

faxdmを利用する方法を知っておく

 faxdmの利用を考えている場合、どうしたらよいのか分からないということがあります。今はfaxdmの専門業者の数も増えているので、選択もしやすくなっています。
 しかし中にはあまりよくないfaxdmの業者もあるので、見極めなければいけません。電話番号に繰り返しリダイヤルをするような業者もあります。しかも送信を許可していない企業などに対しても送信をしてしまうので、企業のイメージも悪くなってしまいます。あまりよくない業者を利用するよりも安心をして利用できるところを見つけたほうがよいでしょう。
 料金に関しても色々あるので、チェックをしてみるとよいでしょう。高額な費用がかかってしまうと広告費もムダになってしまうことがあるので、業者の見極めはとても大事です。実際に利用をしたことがある人のクチコミを確認してみるのもよいでしょう。


 faxdmはファックス使う宣伝方法だけど

 faxdmはファックスダイレクトメールの意味で、ファックスを使用した宣伝方法となります。この宣伝方法を利用するには、まず最初に紙の原稿を作成する必要があります。その原稿ができるとファックスを使って相手先に送信することになります。これで宣伝する場合の利点は経費とスピードが比較的安くはやく済むことにあります。そしてファックス機から直接紙が排出されるので、相手はそれを拾って読む確率が高くなります。他の方法だとファックスほどわざわざ開封して読む確率は高くありません。
 しかしこの宣伝方法にも欠点があります。1つは相手先にもファックスがないと宣伝できません。もう1つはその宣伝内容を書かれた紙とそのインクは宣伝する側の所有物や経費ではなく、相手先の所有物と経費だからです。つまり相手先にとってどうでもいいと判断された場合、極端な事例では相手先から無駄に紙とインクを消費されたとクレーム来る心配があります。そのため個人向け営業としては使用しにくく、法人相手の営業に絞り込まざるを得なくなります。
 なおこの法人相手の宣伝では専門の業者に依頼する方法もあります。そこでは法人リストというのを所有していて、希望すると原稿を校正してくれたり、リストの中から送信したい相手を任意に選んでくれることも可能となります。


 faxdmのマーケティング手法を活用

 古くて新しいマーケティングとしてFAXDMを活用する企業が増えてます。DMを送る時、封書やはがきでは経験があるけど、今ひとつ反応が悪かったり、ダイレクトメールでコストもほとんどかけずにやっているのでいまさらFAXDMなんてという人もいるかも知れないです。
 しかし、faxdmは既存の紙媒体のダイレクトメールに比べてコスト面やスピードなどでかなりのメリットがありますし、メールに比べても開封率100%でキーマンに届きやすいなどとメリットが多数御座います。セミナーの案内で、会場への地図を入れたり、切り取り線を入れた申込書をつけたり、会場に持参するとプレゼントが貰える引換券などを文末に付与するなどの工夫も出来ます。カタログ送付などと違って、自社で扱っている製品のすべてを宣伝することには不向きとなってますが、キャンペーンセールなどで特売にした製品や在庫処分で破格の値段で提供出来るもの、引っ越しやお中元、お歳暮などの季節によって需要が急激に高まる製品に関して、タイミングよく送信するとヒット率が上がるようになります。
 飛び込みセールスの成功確率は、営業マンの労力の割にはそれ程良くはないのはご存知ですね。実際に交通費や営業時間を割いて行動しなければならないので、そのコストはかなり高額のけいひがかかってしまいます。しかし同じく効率はそれほど良くないにしても、新規営業開拓の場合には、コストが断然安くなってます。つまり、成功確率が同じくらいでもコストメリットがある分、パフォーマンスが高まりますし、顧客に絞り込んで営業をかけるなどの二段階に分けた戦略的な営業方法も可能になるということです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP